スーツ画像

スーツも着こなしが重要です。
いつもスマートなスーツスタイルを!

私のスーツに対する考え

私が始めてスーツを着ることとなったのは、大学の入学式でのことです。

それまではどのような行事があったとしても学生服を着用しており、冠婚葬祭でも例外はありませんでした。
そのため、まず始めにスーツを着た時に困ったのはネクタイのつけ方です。
父がネクタイを付けている所は何度も見ていたのですが、さすがにその手順を事細かに見ているわけではないため、入学式前、ネクタイの装着に四苦八苦したのを覚えています。

また、どのようなスーツを購入すればよいのか迷い困ったというのもあります。

スーツと一言で言っても、種類は様々あります。詳しい名称は知りませんが、無地のものや薄い縦線、横線の入ったものまで多種多様ありました。
入学式ではどれでもよいのですが、今後を見据えると、どのような種類でも大丈夫、というわけにはいきません。
この問題は先見の明により、年配の方達のおかげで事なきをえましたが、自分一人で見繕う際には気をつけてください。

しかし、そのような問題があったとしてもやはり一度着てみれば良い思い出となります。
スーツを着て――錯覚に近いですが――一人前になったように感じることができます。

今後、何着も必要になるような仕事に就く方もいらっしゃるとは思いますが、記念すべき第一着目、この先の自分の夢を叶える希望の第一歩として、そして、今後ともお世話になるかもしれないことを考え、最初の購入には、できるだけ迷い、選んで、大切に扱ってもよいのではないでしょうか。

  • デートなら自由区の服で