メインイメージ画像

派遣会社の適性テスト!

初めて派遣に登録をする際は、派遣の会社で適正テストを受けることが多くあります。簡単な計算問題やPCの操作方法のテストが大半のようですが、どのような目的で行っているテストなのか、理由を調べてみました。まずこの試験をすることで、派遣会社は応募者本人のスキルを知って、より本人に合う仕事を紹介することができます。テスト内容は一般常識の問題であることがほとんどですので、緊張しすぎず気楽に受けると良いかもしれません。

派遣会社が本人の情報を知っておくことで、もっとあなたに合った仕事を紹介してもらうことができるため、派遣会社と本人の間の関係は大変大切になることでしょう。自分の意見や要望はきちんと担当者に伝えておき、より自分に合う会社で仕事ができるようにすることがポイントでしょう。

一般的に派遣のイメージは経験者が仕事を探す、とされていましたが、今ではキャリアがなくて派遣を選択する人も珍しくなくなっているらしいのです。それには正規の社員が少なくなっているという要因もありますが、社員にこだわらずに自由に勤務できる状態を好む若者が沢山いるという要因もあるのではないでしょうか。

これまで私も、派遣である程度勤務してお金が用意できたら外国に行く、ということをしていたことがあったのです。専門的な仕事は別ですが、初めての経験でも大丈夫な仕事は多数あり、それらの仕事をこなして技術を習得し、新たにキャリアアップを目標にする、という働く方法も良いのではないでしょうか。そういう意味では、自分のキャリアを高める機会があるのは社員以上に派遣と言えます。